ブログ

店舗を新築する場合の注意点

この文章は、店舗を新築する場合の注意点について記述したものです。
店舗を新築する際に、注意が必要なのは契約です。 土地は、自己所有の土地になるのか毎月地主にお金を払って借りる契約なのかどうかをまず最初に調べる必要があります。 そして、どのくらい費用が掛るのかなどを事前に教えていただいて、見積もりを出してもらい、他の工務店などでも見積もりを行ってもらいます。 同じ条件で見積書を出してもらうことがベストで、安いほうを契約すればその分費用が浮くことになります。 また、どのような店を経営するのかにもよりますが、保健所の衛生基準法を満たしているか、消防法を満たしているのかなど様々な法律の条件をクリアする必要があり、ここも新築する際に工務店などの会社とよく相談を行い、確認してから契約することが重要です。そうしないと、「営業しよう」と思い営業を始め、火災などが発生した場合に「消防法を守ってないから」と言われ損害賠償を求められては多額の損失に繋がります。 なので、店舗を新築する際にはこのような条件に注意を払い、ちゃんと法律を遵守できる・できそうな会社と契約することがポイントとなってきます。 そうしないと、せっかく営業しても損をすることになってしまいます。